« From mossa with LOVE to you all...Happy St.Valentine's day(I ate some...) | トップページ | からっぽな空間に身をおく贅沢…マーガレットハウエルの哲学。(暮しの手帖32号より) »

2008年2月15日 (金)

市川崑祭り開催中…さよなら崑青年よ。

高峰秀子の随筆「私の渡世日記」でデコちゃん家に下宿してた
大学生市川君のエピソードは微笑ましかったなぁ…(涙)

今宵はオールタイムベスト3本を追悼紹介致します。

Kon満員電車('57)主:川口宏 共:笠智衆etc
世に言う崑タッチを確立した初期の傑作。
時計屋を営む父(笠)が入院するこのシーン…
ここではとても云えんブラックな笑いが全開。


Kon2億万長者('54)主:木村功 共:岡田英次etc
初めて見たとき余りのブッとび加減に参ったよ。
山田五十鈴扮する芸者の飼ってるネコたんが
後ろで執拗に写るこのシーン大好き〜♪


Kon3水銀鮪っ!最強の結末が貴方を待ってますw

安部公房が脚本に参加した極上の風刺喜劇。
絶対に見逃してはならん一作である。


Matatabi股旅('73)正にATGらしい絵面。
主:ショーケン/小倉一郎/尾藤イサオ
尾藤さんの完全にイッちゃった演技、秀逸だね。
かっこ悪く生きて死ぬのが人間なのだ。

« From mossa with LOVE to you all...Happy St.Valentine's day(I ate some...) | トップページ | からっぽな空間に身をおく贅沢…マーガレットハウエルの哲学。(暮しの手帖32号より) »

コメント

語りだすとキリが無いのは分かってるんで。

市川崑=センス   でした。
ギラギラと、キラキラと。

それでもとりあえず、モーさんに習って、3本挙げてみれば。

【ビルマの竪琴】モノクロ
【細雪】
【股旅】

番外 【幸福】

【ビルマの竪琴】は高校生の頃、小屋で体験。
もう一度、観たいとは思わない。

歳食って、あの時の同じ感激がまた感じられる自分なのか、それがちと怖い。

自分のブログではネタに出来ないねぇ。

投稿: koba357 | 2008年2月16日 (土) 00:35

「幸福」み、観てない…スミマセン勉強不足でorz
「ビルマ」は学校の授業で観に行ったのかな?

市川崑+和田夏十=センス とも云えるよ。
初期の喜劇モノが持つ頓狂で粋でスタイリッシュなあの雰囲気に
ナットさんの筆力をひしひしと感じまつ…

80's以降(というか金田一以降)もコメディやって欲しかったなぁ

投稿: も | 2008年2月17日 (日) 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/495787/10502743

この記事へのトラックバック一覧です: 市川崑祭り開催中…さよなら崑青年よ。:

« From mossa with LOVE to you all...Happy St.Valentine's day(I ate some...) | トップページ | からっぽな空間に身をおく贅沢…マーガレットハウエルの哲学。(暮しの手帖32号より) »